浄土真宗の位牌の処分方法をわかりやすく解説

浄土真宗では位牌は基本的には使用しません。

位牌を使用しないことを後から知って正式な形に戻したいという方もいらっしゃると思います。

あるいは、新しく仏壇を購入したらお位牌が入りきらなかったというケースもあるでしょう。

また、もともと位牌を使用していた宗派から、浄土真宗に変わったという場合も耳にしたことがあります。

位牌を処分したいというケースはいろいろあると思いますが、その際に困るのが、どのように位牌を処分したら良いかということです。

そこで本記事では、浄土真宗の位牌の処分方法をできるだけわかりやすく現役のお坊さんが解説します。

この記事で解決する疑問
  • 浄土真宗の位牌の処分方法が知りたい
  • どんな処分方法があるの?
  • 魂抜きやお焚き上げは必要?

浄土真宗では位牌は正式に使わないとはいっても、位牌をお持ちということは、その位牌は大切に受け継がれてきたことは確かだと思います。

位牌の手放し方にはいくつかありますが、本記事を参考に自分にあった処分方法を検討してくださいね。

目次

浄土真宗の位牌の処分方法

1.お寺に引き取ってもらう

浄土真宗の中で、位牌を処分する最も一般的な方法で確実なのは、ご縁のあるお寺に引き取ってもらうことです。

浄土真宗では、漆塗りで黒色の「本位牌」は使用しませんが、何も塗られていない「白木の位牌」を葬儀の時に使用している地域は非常に多いです。

「白木の位牌」は、四十九日や納骨の際に、ご縁のあるお寺に引き取ってもらうのが一般的です。

漆塗りの「本位牌も」葬儀を行ってもらったご縁のあるお寺に相談すれば、引き取ってもらえることがほとんどです。

引き取ってもらうお寺によりますが、引き取ってもらうだけなら費用がかからないこともあります。

ただし、本位牌は正式には浄土真宗では使用しないことになっています。

お寺の住職の考えによっては引き取ってもらえないケースもあるかもしれません。

その場合は、位牌を無理に引き取ってもらうわけにはいかないので別の手段を考えることになります。

2.仏具店に引き取ってもらう

仏壇を買い替えたりした際に位牌の処分を検討する際は、仏壇を購入する仏具店に位牌を引き取ってもらえるケースがあります。

ただしほとんどの仏具店が、位牌はお寺に引き取ってもらってくださいと案内されることがほとんどです。

そのため、お寺に引き取ってもらえない場合の代替手段くらいの気持ちで考えておきましょう。

特に大手の仏具店ほどマニュアル化されているので引き取ってもらえないケースの方が多いかもしれません。

仏具店で引き取ってもらう場合は、仏壇の買い替えが前提となっていたりと制約も多いですが、一つの手段として知っておくことに越したことはありません。

3.専門業者に依頼する

お寺にも引き取ってもらえないし、仏具店でも引き取ってもらえない。

かといって自分で処分するのもはばかられるという場合は、位牌の回収を専門としている業者に依頼するもの一つの手です。

位牌の回収を専門といっても、回収した位牌は提携しているお寺に引き取ってもらってお焚き上げするようになっているところがほとんどです。

現在は郵送で位牌を送ることができる業者などもありますので、ご縁のあるお寺が近くにない場合などは検討する価値はあります。

もちろん費用はかかってしまいますが、どうしてもという場合は、依頼してみると良いでしょう。

4.自分で処分する

自分で処分することに抵抗がない場合は、自分で処分してしまってもかまいません。

自分で処分してしまってもいいの?と思われるかもしれませんが、この後解説するように浄土真宗に限って言えば自分で位牌を処分しても問題ありません。

実際に私が関わってきた人の中では、ご自身で処分されるという決断をされた人も多いです。

ちなみに自分で処分する場合、位牌は木でできているので燃えるゴミに出すことになります。

位牌の魂抜きやお焚き上げは必要?

浄土真宗では魂抜きは必要ない

位牌の処分というと、魂抜きであったり、お焚き上げだったりといったことが必要だと思われる方が非常に多いです。

しかし、浄土真宗では亡くなった方はすでに成仏していると考えます。

位牌にも故人の魂は宿っていないという考えですので、魂抜きといったことは必要ありません。

浄土真宗のお寺に魂抜きをお願いしても、魂抜きという仏事がないので行ってもらえないことがほとんどです。

浄土真宗のお寺ではお焚き上げはしていない

お焚き上げは、位牌を炎で清めて、祟りなどが起こらないようにするために行います。

しかし、上でも説明した通り、浄土真宗では亡くなった方はすでに成仏しています。

つまり亡くなった方は仏様です。仏様が祟ることなんてありえませんよね。

だから、お焚き上げも必要ありません。

ちなみに浄土真宗のお寺にお焚き上げの設備はないので、お焚き上げ自体が設備上できません。

どうしてもという場合は、故人を縁とした法要を

浄土真宗では何もしなくてもいいとは言っても、やっぱり位牌を処分するに当たって、何かした方が良いんじゃないかと思われる方も実際多くいらっしゃいます。

位牌は、浄土真宗では使用しないものとわかっていても、先祖代々の思いがこめられた物です。

簡単な処分で済ませてしまって良いのかと思われる人もいるでしょう。

そういう場合は、魂抜きやお焚き上げではなく、故人を縁とした申経をお寺に頼むと良いです。

浄土真宗の仏事は、亡き人を偲ぶと同時に、亡き人を仏様として、亡き人から自分自身の生き方をたずねていく教えです。

亡き人を縁とした申経であれば、浄土真宗のお寺も行うことができます。

位牌の代わりに何を用意すれば良い?

浄土真宗では位牌は使用しないことになっていますが、位牌がないとなんだか落ち着かないという方もいるかもしれません。

浄土真宗では位牌の代わりに、法名軸や過去帳を用います。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

位牌は絶対処分しないといけない?

浄土真宗では位牌がいらないということは、上の記事でも説明していますが、絶対に使用してはいけないというものでもありません。

法名軸や過去帳に変えたという人でも、先祖代々受け継がれてきた位牌はそのまま置いているというご家庭も多いです。

捨てたくないんだけど、浄土真宗では使わないからと思っていた場合は、そのまま残すのもありですよ。

ご縁のあるお寺会の住職は難色を示す場合もあるかもしれませんが、先祖代々受け継いできたものだからときちんと説明すれば、事足りることがほとんどです。

まとめ

以上のように、浄土真宗の位牌の処分方法をわかりやすくまとめました。

位牌を処分するにあたっては、まずはご縁のあるお寺に相談するのが一番確実です。

位牌は浄土真宗では使わないとはいっても、大切なものであることに変わりはありません。

後悔のないよう、処分する前に慎重に検討してくださいね。

※本記事の内容について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性を保証するものではありません。特に宗派や地域慣習によって大きく左右される事柄もございますし、個々人の宗教観によっても意見が違う場合も多々ございます。本記事の内容を参考にされる場合はあらかじめご注意ください。

目次
閉じる