浄土真宗 大谷派では位牌がいらない理由を解説

多くの宗派の仏壇に置かれている位牌。

しかし西本願寺や東本願寺をはじめとする浄土真宗では、正式には位牌を使用することはありません

じゃあ「なぜ他浄土真宗では位牌がいらないのか?」と疑問に思っている方も多いんじゃないでしょうか。

僕は現役の浄土真宗のお坊さんですが、実際にご縁のある方から「位牌を作らなくて本当に良いのか?やっぱり作った方がいいんじゃないの?」と不安の声を聞くことがあるのも事実です。

そこで本記事では、浄土真宗が位牌を使用しない理由を現役のお坊さんが解説します。

この記事でわかること
  • 位牌にはどんな意味があるのか
  • 浄土真宗で位牌を使わない理由
  • 浄土真宗では位牌の代わりに何を使うのか

浄土真宗が位牌を使わないのにはきちんとした理由があります。

今までなんとなく浄土真宗では位牌を使わないんだな〜と思っていた方もぜひ目を通していただけると嬉しいです。

目次

位牌とは何か?

位牌ってそもそも何だかわかりますか?

実際説明してって言われるとなかなか上手く説明できないという方も多いんじゃないでしょうか。

結論から言うと、位牌は故人の魂が宿るものとして考えられています。

位牌は、亡くなった人の魂が宿るもの

ただ単に位牌といっても、いろいろな種類があります。

例えば以下の通りです。

  • 白木の位牌・・・仮の位牌。儀礼道具としての意味が強い
  • 順位牌・・・漆塗りのいわゆる本位牌
  • 逆位牌・・・生前に作られる位牌

いずれにしても、位牌には亡くなった方の魂が宿ると考えられてきました。

その魂が宿る位牌を供養することによって、故人が成仏することができると浄土真宗以外の宗派では言われています。

そのため、位牌は亡くなった方がまさにそこにいるかのように、家族の精神的な拠り所として大切にされてきた歴史があります。

位牌は死後の位を表す牌

位牌のもう一つの意味として、文字通り死後の位を表す板というものがあります。

実は、位牌は元々中国で盛んだった儒教の文化が起源となっていると言われているのです。

儒教では、祖先の霊魂を祭ることを非常に大切にしており、祖先祭というお祭りがありました。

その祖先祭で用いられていた官位や名前を刻む板が位牌の起源と言われているのです。

それがいつのまにか、仏教と結びつくことで「死後の位を表す牌」として位牌という文化が生まれました。

そのため、もともと仏教には位牌を使用するという風習は無いことになります。

禅宗の僧侶の葬儀を行う際、位牌を使用したことを始まりとして、日本に徐々に広がっていったと伝えられています。

位牌の起源については諸説あり、日本古来からその原型があったという説を唱えている学者もいます。

浄土真宗が位牌を使わない理由

位牌には、以上のように大きくふたつの意味があります。

  • 故人の霊魂の依代となる
  • 故人の死後の位を表す

では浄土真宗がなぜ位牌を用いないのかというと、浄土真宗の教えが大きく関係しています。

浄土真宗では追善供養の必要がない

浄土真宗では、ご本尊である阿弥陀仏の名をとなえれば=念仏すれば、皆等しく浄土に往生することができると説かれています。

そのように浄土真宗では、亡くなった方を仏様として敬ってきました。

だから浄土真宗では、亡くなった方は仏様に成っている=成仏していると考えているのです。

それに対して、位牌は故人の魂が宿るものです。

故人の魂が入った位牌に対して手を合わせることで成仏を願ったり、供養を行ってきました。

しかし浄土真宗では亡くなった方はすでに仏様なので、成仏できるように願う必要がありません。

もし亡くなった方が位牌に手を合わすところを見ていたら「あんたどこに手を合わせてるの?私はそこにはいないよ」と言われることでしょう。

このように亡くなった人の霊魂が位牌に宿るといった考え方をしませんし、魂入れといったことも行いません。

亡くなった人は仏様⇨供養のための位牌は必要ない

亡くなった人に優劣を付けない

もう一つ大きな理由として、亡くなった人に優劣を付けないということがあります。

位牌は死後の位を表す意味もあるとも説明しました。

文字数が多い方が位が高いというようなことを聞いたことがある人もいるんじゃないでしょうか。

しかし、先ほども言ったように、浄土真宗では亡くなった方は仏様です。

仏様の世界は平等で、位が高いとか低いということもありません。

だから、位を表す位牌は用いるのは仏教に全く関係ないどころかふさわしくないと考えているわけです。

仏様に優劣はない⇨死後の位を表す位牌はふさわしくない

法名についても、浄土真宗ではどんな人でも二文字で付けられることからもわかりますね。

補足:位牌を使っている地域もある

以上のように、浄土真宗では位牌を使わないというのが正式です。

しかし、ある一定の地域では位牌を使っていることもあります。

「え、位牌使ってんじゃん」と思われるかもしれませんが、これには複雑な事情があります。

仏教が日本全国に広まっていく中で、位牌も江戸時代を中心に全国に広まっていきました。

そうすると浄土真宗の門徒(信者)の中にも地域の風習として位牌を使いたいという人が出てきました。

位牌は礼拝するためのわかりやすい目印にもなりますからね。

当時の本山としても、位牌は原則使わないということではあったのですが、特例として位牌を置くことを黙認してきたという歴史も一方ではあるのです。

亡くなった方への思いが込められて位牌が使われているわけなので、それを絶対ダメだということはできなかったのだと思います。

なので、歴史の名残として今でも一部地域では普通に位牌が使われています。

位牌はその地域ごとで独自の文化を形成していたりして、地域差が激しいのが事実です。

白木の位牌は浄土真宗でも使われている

漆塗りの真っ黒な本位牌は使わないけれども、葬儀で仮の位牌である「白木の位牌(漆が塗られていない素の木でできた物)」を使用している地域は数多くあります。

白木の位牌は、魂を入れるという意味合いよりも、葬儀の時に使う一つの儀礼道具という意味合いが強いので浄土真宗でも普通に使われています。

事実、僕が住んでいる地域でも「白木の位牌」はごく一般的に使用されています。

浄土真宗では位牌の代わりに「法名軸」または「過去帳」を使用する

浄土真宗では位牌を使わないということは、何度も言ってきましたが、やっぱり仏様である故人に対して手を合わせたいという人もたくさんいらっしゃると思います。

浄土真宗では位牌の代わりに「法名軸」または「過去帳」というものを使います。

法名軸と過去帳の違いは以下の通りです。

  • 法名軸⇒法名(戒名)が書かれた掛け軸
  • 過去帳⇒先祖代々の法名が書かれた台帳

法名軸に書かれる法名は、1人から多くても4人までです。

対して過去帳は、先祖代々のすべての方の法名を記載していくという特徴があります。

他の宗派の法事では、位牌を仏壇の正面に出しますが、浄土真宗の法事では「法名軸」を仏壇にかけるか、または「過去帳」の中の対象ページを開ということになります。

法名軸や過去帳は魂の依り代ではない

法事等の際に法名軸や過去帳を出すのは、他宗が法事の際に位牌を出すのと一緒のように思われるかもしれませんが、位牌のように法名軸や過去帳は魂の依り代としての役割は持っていません。

位牌を作る時に行う「魂入れ」といった儀式もありません。

ではなぜ法事の際に出すのか?と言えば、浄土真宗では亡くなった故人から自分自身の生き方を問い尋ねていくという教えだからです。

他宗では、先祖のために手を合わせ、自分たちが先祖を供養していくんだという考え方ですが、浄土真宗では亡くなった人(=既に仏となった人)から自分が学んでいこうというスタンスで法事等を行います。

なので、仏弟子となった法名を位牌とは違った形で掲げることで、亡くなった人(=仏様)から自分の生き方を尋ねていくという姿勢を表しているのです。

おわりに

以上のように、浄土真宗が位牌を使わない理由は、位牌の持つ意味と浄土真宗の教えが反するところが大きな理由です。

ただし、位牌には人の思いが詰まっていますので絶対に使ってはいけないというものでもありません。

必要ないからといって大切にしてきた位牌を捨ててしまうのも違うと思います。

もしすでにある場合は、無理に処分する必要もありませんので、そのまま使用しても問題ありません。

※本記事の内容について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性を保証するものではありません。特に宗派や地域慣習によって大きく左右される事柄もございますし、個々人の宗教観によっても意見が違う場合も多々ございます。本記事の内容を参考にされる場合はあらかじめご注意ください。

目次
閉じる