浄土真宗の法名の意味と付け方【戒名との違いも解説】

仏教式で葬儀を行う場合、必ず坊さんに付けてもらう法名。

しかし、なぜ法名を付ける必要があるのか?法名にはどういう意味があるのか?を知らないという方も多いんじゃないでしょうか?

実際、僕も葬儀を受ける際に「法名って必ず付けないといけないんですか?」と聞かれることが最近多くなりました。

そこで、本記事では浄土真宗の法名について、戒名との違いもあわせて現役のお坊さんが解説します。

この記事で解決する疑問
  • 法名にはどういう意味がある?
  • どうして法名を付けるの?
  • 法名と戒名ってどう違うの?
  • 法名はどうやって付けてもらえる?

結論からまずいうと、法名とは浄土真宗では仏弟子となった時にいただく名前のことを言います。つまり仏弟子として新しく名付けられる名前ということです。

では仏弟子としての名前を付けるということはどういうことなのか?詳しく解説していきます。

目次

法名とは?

先ほども言った通り、法名とは仏弟子になった時にいただく名前のことを言います。

宗派によって法名の形式が若干異なったりしますが、浄土真宗の二大宗派である西本願寺と東本願寺では釋○○と合計3文字の法名をいただきます。

東本願寺を本山とする真宗大谷派では、女性の場合は「尼」という字が入り、釋尼○○と合計4文字になります。一方、西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派では男女で区別はなく、どちらも釋○○と3文字です。

また、浄土真宗以外の宗派では、戒名の最後に位を表す「居士」「大姉」「信士」などが付きますが、浄土真宗では付けることはありません。

なぜなら、浄土真宗では亡くなった方に対して、位が高いとか低いとかいう区別をしないためです。

浄土真宗であっても、地域の慣習によって付けられたり、真宗高田派などの一部の宗派では位号を用いることがあります。

院号について

浄土真宗では、位号を付けることはありませんが、院号と呼ばれるものを法名の前に付けることがあります。

ちなみに院号を付けると、○○院釋○○と6文字になります。

院号を付けた方が位が高くなると思われている方がいますが、大きな誤りです。

なぜなら院号は位を表すものではなく、本山護持のために寄付金を納めた方に対して御礼の意味を込めて付けられるものだからです。

だから、院号は必ず付けなければいけないというものではありません。

もちろん本山護持のお気持ちがあるなら是非付けてください。

法名と戒名の違い

次に法名と戒名の違いを解説します。

仏弟子になった時にいただく名前という点では、法名も戒名も同じです。

だから、一般の人にとってはどのように違いがあるのかわかりにくかったりします。

じゃあどこが違うのか?というと、仏弟子になった時に戒を授かるかどうかということが違ってきます。

戒名はその字が表す通り、仏教における戒を守っていきますということの表明でもあります。

戒とは、ここでは詳しく解説しませんが、簡単に言えば僧侶が生活する上で守るべきルールのことです。

例えば、殺生をしないであったり、お酒を飲んではいけないであったり、嘘をつかないであったりと聞いたことがある方も多いと思います。

このような戒が、基本的なものを含めてそれぞれの宗派に定めらていて、もし破ってしまうと最悪破門されるということもあり得ます。

浄土真宗には戒律がない

一方、浄土真宗は在家の仏教として位置付けられています。開祖である親鸞聖人も非僧非俗といってどちらにも完全に属さない立場でした。

浄土真宗のお坊さんもそのような立場で、完全な聖者というわけではなく、仏教を聞いていく信者(門徒)の代表というように位置付けられています。

だから、浄土真宗と他の宗派ではお坊さんの位置付けが全く異なり、仏教の伝統的な戒というのを授かりません。

そのため浄土真宗では仏弟子として歩み始めたことを表す名である法名のみをいただくのです。

法名も戒名も仏弟子という点では一緒ですが、戒律を授かるかどうかが大きな違いです。

法名はどこで付けてもらえる?

法名はお寺に付けてもらうことになります。ただ生前か死後かによって付ける儀式が異なります。

  • 生前・・・帰敬式という儀式で付けてもらう
  • 死後・・・通夜・葬儀あるいは他の仏事の前段階で付けてもらう

法名や戒名は葬儀の際に付けてもらうものだと思っている人が非常に多いのですが、法名の意味からすれば、本来生前にいただくのが正式です。

生前で法名をいただくには、本山やお寺で行う帰敬式という儀式を受ける必要があります。

しかし死後の場合は帰敬式を受けることができないので、通夜や葬儀の前に名付けてもらうことになります。

今現在、葬儀などで法名を付けなかったという人が増えていますが、そのような場合、一周忌などの年回忌法要の際に付けることが多いです。

法名の字の選び方

法名に使用する字は、伝統的に仏説無量寿経という浄土真宗で用いる経典の中にある単語を元に付けられます。

その人がこれまでどのような人生を歩んできたのか?やこれからどういう人生を歩んでいって欲しいのかという願いを表した字が用いられるのが伝統的な付け方になっています。

もちろん仏弟子としての名前なので、仏教に反する文字などを入れたりすることはできません。

自分で付けることはできないの?

結論から言えば自分で法名を付けることはできません。また、自分が希望する字を含めたりすることも通常はできません。

法名はいわば仏弟子としての新しい人生の歩み出しの際に付けてもらう名前です。浄土真宗ではよく法名が付けられた日は第二の誕生日というように表現したりもします。

あなたが生まれた時の名前は、自分で選べたでしょうか?もちろん自分で付けたわけではないですよね。親がその子にどうなって欲しいか?という願いを込めて付けられるものです。

同じように法名も、どのように仏弟子として歩んでいって欲しいかという願いが込められて付けられます。だから自分で付けるような性質のものではないことは理解しておいてください。

所属寺(菩提寺)に付けてもらう場合は、住職によってはある程度意向を反映してもらえる場合もありますので、付けてもらう際は相談してみるのも良いと思います。

まとめ

以上のように、法名は仏弟子としての新しい出発をするために付けられる名前のことです。

そして法名には、どのように仏弟子として歩んでいって欲しいかという願いが込められています。

※本記事の内容について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性を保証するものではありません。特に宗派や地域慣習によって大きく左右される事柄もございますし、個々人の宗教観によっても意見が違う場合も多々ございます。本記事の内容を参考にされる場合はあらかじめご注意ください。

目次
閉じる