浄土真宗のお彼岸ですることとは?お坊さんが解説

お彼岸の時期に里帰りし、お墓参りをするご家庭も多いと思います。

お彼岸はなんとなくお墓参りをする時期というくらいにしか思っていない人がほとんどじゃないでしょうか。

本記事では、浄土真宗のお彼岸ですることとお彼岸の意味を現役のお坊さんが解説します。

この記事で解決する疑問
  • お彼岸ってそもそもどういう意味があるの?
  • 浄土真宗のお彼岸ですることは?
  • 他の宗派とはすることが違うの?

結論からまず言うと、浄土真宗のお彼岸でも他の宗派と同じようにお墓参りすることは一緒です。

しかし、お墓参りをする意味が他の宗派と180度異なっているので注意が必要です。

それでは、他の宗派とどう違うのか順を追って解説していきます。

目次

そもそもお彼岸とは?

お彼岸とは、「春分の日」と「秋分の日」を中心として、前後3日間の合計7日間に行われる仏教行事「彼岸会(ひがんえ)」のことを指します。

この彼岸会が開催される時期に、お墓参りやお寺にお参りにいくという習慣が日本にはあり、お彼岸の時期になるとテレビ等でも家族がお墓参りをする姿がよく取り上げられていますね。

実は意外と知られていませんが、お彼岸は日本だけの風習です。

いつから始まったのかは諸説ありますが、江戸時代のときに急速に広まったと伝えられています。

彼岸の意味

彼岸の語源は「パーラ」と言って、仏教徒が目指す悟りの境地のことを表し、漢字でも「彼の岸」と書かれるように「此岸(=こちら側の世界)」に対比して「浄土(=悟りの世界)」を表します。

「此岸」:こちら側の世界
「彼岸」:あちら側の世界=浄土

浄土とは阿弥陀仏という仏様がいる世界のことで、西にあるということが『阿弥陀経』というお経には説かれています。

そして、お彼岸の期間となる「春分の日」と「秋分の日」は、太陽が真東から登り真西に沈んでいきますよね。

真西に沈みゆく太陽と西にあるとされる浄土が重なることによって、「春分の日」と「秋分の日」は浄土がもっとも近くなる期間であると昔の人は想像したようです。

だから、この7日間をお彼岸と呼んで、お墓参りをするという風習が古来より続けられてきました。

浄土真宗のお彼岸ですることは仏教を聞くこと

浄土真宗でも冒頭で述べた通り、彼岸の時期にお墓参りすることに変わりはありませんが、お墓参りをする意味が違ってきます。

具体的には以下の通りです。

  • 浄土真宗のお彼岸⇒お墓参りをきっかけに、仏教を聞くことを目的とする
  • 他宗のお彼岸⇒追善供養または先祖と会うことを目的とする

他の宗派では、ご先祖様がちゃんと成仏できるようにとお墓参りをします。多分多くの人がこのような意識でお墓参りをしているのではないでしょうか。

つまり、お墓参りをする私たちがご先祖様にお経を読んで”あげる”ことになります。

一方、浄土真宗では、私たちがご先祖様から仏教を教えて”いただく”場となり180度逆になります。

誰から教えてもらうのか?仏様に成ったご先祖様からですね。

これが浄土真宗のお墓参りの大きな特徴であり、他の宗派には無い考え方です。

先祖供養しなければならないんじゃないか?きちんと亡くなった人の成仏を願わないといけないんじゃないか?と思われる方もいるかもしれません。

浄土真宗では先祖供養は必要ありません。

なぜなら、亡くなった人やご先祖様を仏様としていただいているからです。

むしろ既に仏様に成っているのに、成仏できるように供養するなんてご先祖様に対して失礼ですらあるかもしれません。

だから浄土真宗のお墓参りでは、ご先祖様に思いを馳せるのと同時に、ご先祖様が大切にしてきた仏教をいただく場となるわけです。

仏教をいただく=自分の生き方を問うということ

仏教をいただくと言うと難しく思うかもしれませんが、何も難しいことはありません。

お墓参りに行くと、自分のことや周りのことをご先祖様に報告したりしますよね?

実はこれが仏教をいただくということと一緒のことなのです。

仏教は、自分の生き方が本当にこれで良いのか?ということをどこまでも問い尋ねていきます。

ご先祖様に自分のことや周りのことを報告するということは、「これで良かったんだよね?」と自分の生き方をご先祖様を通して尋ねることになります。

だからお墓参りは仏教をいただく場となるわけです。

浄土真宗のお彼岸で準備すること

実は浄土真宗のお彼岸で特別何か準備をしなければいけないことというのはありません。

他の宗派では、春のお彼岸には「ぼたもち」をお供えし、秋のお彼岸には「おはぎ」をお供えするという風習もあったりしますが、浄土真宗では特別これをお供えしなければならないということもないです。

ただお寺ではお彼岸に合わせて彼岸会という大きな法要を行っている所がほとんどなので、お墓参りに合わせてお寺にお参りに行ってみるのも良いと思います。

お彼岸の迷信

お彼岸についていくつかの迷信があります。

例えば以下のようなものです。

  • お彼岸の期間中はお祝いごとは避ける
  • 午後にお墓参りしてはいけない

これらは浄土真宗や仏教徒からすれば全くの迷信と言ってよいでしょう。

お彼岸は仏教行事であるため、お葬式のように喪に服さなければならないと思われたのかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

また午後にお墓参りしてはいけないというのは、午後にお墓参りすると霊が付いてくるといったウワサがあるようです。

しかしこれもただのウワサです。そもそも仏教では霊や魂といった考え方が無いので関係ありませんし、ご先祖様が既に仏様になっていることは上でも述べた通りです。

基本的にお彼岸の期間中に基本的なマナーを除いて慎まなければならないことはありません。

迷信に惑わされないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。浄土真宗のお彼岸は、他の宗派と違ってご先祖様にお参りすることを通してご自分が仏教を聞く場です。これはお彼岸に限らず、法事でも葬儀でも一緒です。

仏教を聞くということは「命とは何か?生きる意味とは何か?」を考えることと同じです。仏教を聞いたり触れたりする機会というのは日常生活ではあまりありませんから、お彼岸等の仏教行事をきっかけとして、ゆっくり考えてみる時間を作ってみると良いと思います。

※本記事の内容について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性を保証するものではありません。特に宗派や地域慣習によって大きく左右される事柄もございますし、個々人の宗教観によっても意見が違う場合も多々ございます。本記事の内容を参考にされる場合はあらかじめご注意ください。

目次
閉じる